水陸両用バス「スカイダック」を眺めよう!

水陸両用バスのスカイダックをご存じでしょうか?

子ども向けの乗り物DVDでその存在は知っていたものの、身近で見たことはなかったのですが、2017年から東電堀から入水するルートが整備されて湾岸地区でもお見かけすることができるようになりました!

今では豊洲~お台場間でよく見かけますよね。

2019年11月現在では、この「水陸両用バス スカイダック 台場・豊洲・東京Viewコース」は、木・金・土曜日のみの運行となっているようです。

料金は、消費税込み 大人 3500円、子ども 1700円

お台場の東京テレポートから約80分の水陸の旅のようです。


初めて間近でスカイダックを見た時の感想は

「車高、高っ!!!」

でした。

水の中に入ると、下半分が沈んでしまうので当たり前なのですが、、、近くで見ると迫力がありました。

乗ってみたいなぁ~と思いつつも、高いところから眺められるとはいえ、いつも自転車や車で走っている道を通るだけなのでなかなかいざ乗ってみる!(それもわざわざ東京テレポート発着で!)という思いきりもつかないまま早2年。。。

※0~3歳児は大人の膝上なら無料ですが4歳からはこども料金だそうです。


そこで、わん子 おすすめの楽しみ方は、スカイダックが東電堀からダイブするところを見ることです!!これなら無料!大人も毎回わくわくします。

建設中のブランズ豊洲のお隣にある豊洲六丁目第二公園で遊んでいると、すぐわきをスカイダックが通ります。

オンザカナルのテラス席からも見ることができます。

スピードを上げて・・・
いざ、入水!!
ザブーーーーーン!!!

歩いている人たちも思わず立ち止まって見てしまいますね。

子どもたちも、とっても楽しそうです!

さようなら~

お台場にはもう一つ、白い車体に水色で「KABA3」と書かれた水陸両用バス「TOKYO NO KABA」というのも走っていますね。

アトラクション感覚ですが、いつかは乗ってみたいなぁ~。

Follow me!

水陸両用バス「スカイダック」を眺めよう!” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。