【有明】パナソニックセンター東京「AkeruE」の年パス&ワークショップ体験してきました

有明にある、パナソニックセンター東京の AkeruE(アケルエ)をご存じですか?以前リスーピアがあったところに2021年4月にオープンした新しい施設です。

国際展示場駅からすぐの、ここですよ~
2階と3階が「AkeruE(アケルエ)」です

AkeruE では、2021年7月から「年間パスポート(2,000円)」が導入されて、こちら、なんとただのカードではなくAkeruE らしくレーザーカッターで作ったカードなんです。

か、かっこいい・・・!!!

こちらの年間パスポートは、ワークショップ形式で2階の「THCHNITO(テクニート)」のコーナーで自分で制作することができます。

木製の枠に、透明のカードが差し込まれているもの。枠を接着するところからはじめても、ちょっと難しい方は予め作られている枠からスタートすることも。

専門の担当者の方がレーザーカッターで加工する様子を見せてくださいました。

アケルエのマークや文字の部分は自分で好きな色に塗ることができます。

そして、好きな色の紐を通して、完成!

まさに、オリジナルの年パス。こんなカッコイイ年間パスポートって、他ではあんまり見たことがありません。しかも自作って愛がわきますね。

通常料金は小学生以上700円。年間3回以上行かれるなら、お得なパスポートです。(2階は無料、3階が有料展示室となります。)個人的には、レーザーカッターのワークショップ体験だけでもう十分、元がとれた気分でした。

こちらの2階「THCHNITO(テクニート)」のコーナーは、営業日はほぼ毎日ワークショップイベントが開催されているようです。

「THCHNITOでティンカリングしよう」

公式ホームページでは小学校4年生からとの案内でしたが、現地では小学校1年生以上なら保護者同伴で参加可能とのこと。

今は、曜日替わりでパズルもしくは迷路を作ることができるんだとか。

ここ、テクニートのすごいところは、レーザーカッターや、3Dプリンターといったデジタルファブリケーション機器や、電動木工工具、ハンダやはさみまで、普段触ることのできないような様々な道具が実際に使えること!

<ティンカリングとは>

家財道具を修理してまわった流しの修理屋(ティンカー)を語源に持つ言葉。さまざまな素材や道具、機械を「いじくりまわす」こと。デザインセンスや問題解決の力を高めることができる手法として近年注目されています。(パナソニック東京公式ページより抜粋)

なかなか家ではできない「日曜大工」的なことを専門家に直接教えてもらえるなんて、すごいっ!しかも現在のところ、平日開催はかなり空きがあるようです。習い事感覚で通えるのも、近隣住民の特権!?(しかも300円って激安・・・!!!)

体験してみた感想は、なかなか奥が深い!大人も楽しい。やっぱり4年生以上じゃないとちょっと難しいかも・・・というのは感じました。(保護者のサポートが増えてよければできると思います)

1回参加すれば十分、という感じでもなく、試行錯誤を重ねながら何度体験しても面白そう。実際子どもも「次はこうやりたい」という気持ちも出てきたようで「また行きたい」と言っていました。確かに最初は要領もわからないし上手にできるわけないですもんね。3人までという少人数制なので質問もしやすくてよかったです。(同伴で見ている親も楽しかったです)

パナソニックセンター東京・AkeruEについて詳しくはこちらが公式ページです。(ティンカリングの予約もここからできました)

https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-tokyo.html

パナソニックセンター東京は現在、1階がリニューアル工事中のため見学中止中、駐車場も一般の利用ができなくなっています。(たしか8月初旬までNGと書いてありました)

せっかく年間パスポートも手に入れたので、何度も通おうと思いました。

施設情報

パナソニックセンター東京 AkeruE

東京都江東区有明3丁目5番1号

開館時間 10時00分~18時00分

休館日 月曜日、年末年始

りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分
新交通ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分

Follow me!