2020年の中秋の名月は10月1日!豊洲六丁目公園でお月見はいかが?

こんにちは。

湾岸地区に住んで9年、湾岸地区大好き わん子 です。

2020年のお月見「中秋の名月」は10月1日だそうですね!豊洲六丁目公園は「月」をモチーフにした公園だということをご存じでしょうか?

せっかくなので豊洲六丁目公園でお月見を楽しんではいかがでしょう。

豊洲六丁目公園の場所は、こちら!

有明通り「木遣り橋」から見た公園はこのような感じです。

円形の芝生が特徴的ですね。

公園内にはススキ…ではなくてパンパスグラス(どちらもイネ科の植物ですがススキではないそうです)がたくさん。

こちらのステージ状になっている場所は「満月のシェルター」という名前らしいです。

今はパンパスグラスで隠れていますがこんな看板もあります。

「豊洲六丁目公園でお月見を楽しむ」

お月見とは、満月など月を眺めて楽しむことです。

月を見る習慣は、中国などから伝わったとされ、平安時代には貴族が十三夜に集まって詠歌を詠んだと言われます。旧暦8月15日の月は「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」とよばれています。月の角度と明るさが観賞に適しているとされ、日本ではおだんごやお餅、ススキ、里芋などをお供えして月を眺めます。

当公園においては、お月見ができる公園をコンセプトの一つとして、月をモティーフとした施設を配置しています。19時ごろには各施設から芝生広場の中心方向に向かって夜空に美しい月を眺めることができます。(抜粋)

公園内には三日月モチーフの遊具、上弦の月遊具もありますので、遊びながらお勉強もできてしまいますね。

豊洲六丁目公園は遊具は少なめですが、広々とした芝生でボール遊びなどもしやすい公園です。週末はテントやレジャーシートを持ち込んでゆっくりしていらっしゃる方々もいらっしゃいます。

Follow me!