不要な服はH&Mで500円のクーポンに変えてもらえるって知ってた?

こんにちは。

湾岸地区に住んで9年、湾岸地区大好き わん子 です。

住友ショッピングシティ 有明ガーデンや、ダイバーシティ東京プラザなど湾岸エリアにもある「H&M」、メンズ・レディスはもちろん、キッズやベビーのお洋服も充実していて利用されたことのある方も多いのではないでしょうか?

さて、そんなH&Mですが、衣類回収プログラムを実施していることはご存じですか?

着なくなったお洋服を袋に入れて店頭に持っていくと、500円分のクーポン券と交換してもらえるんです!

小さくなった子ども服、なんとなくお役目を終えてしまったお洋服、そのまま捨ててしまうのではなくせっかくなのでクーポン券に変えてもらいましょう!

持ち込み可能なものは?

持ち込みするのは、どんな衣類でも大丈夫!

  • H&M以外のブランドでももちろんOK、ブランドや状態は不問
  • 靴下片方でもOK!
  • 着古し、汚れあり、穴や傷があっても大丈夫!
  • なんなら布製品であれば古いシーツでも引き取ってもらえる!

割と制限がないんです。布ならなんでもよさそう。それもまた珍しいサービスかもしれません。

持ち込む場合は「袋に入れて」とありますが、店頭では「袋お返ししますか?」と聞かれました。基本は袋に入れてと書かれているので一応、ビニール袋などそのままお渡しできる形で持って行った方がいいかもしれません。

持ち込み点数に制限がないので、1着でもOK!もちろん、たくさんでもOK!

クーポン券は、「お持ち込み1袋につき1枚」と書かれていますが・・・今回1袋しか持っていっていないので2袋で2枚もらえるのかは不明です。

持ち込んだお洋服はその後どうなる?

持ち込んだお洋服は、H&Mの世界的な衣類回収プログラムとして下記のように利用されるそうです。

  • Rewear まだ着られるお洋服は古着として世界の市場で販売されます
  • Reuse もう着ることのできなくなった衣類は リメイクコレクションや清掃用品などの別の製品に 作りかえられて再利用されます
  • Recycle 再着用・再利用できない布地は 織物繊維として使用するか自動車業界で 制振材や絶縁材などに利用されます

「回収された衣料は最寄りの再生プラントへ運ばれ、手作業で分類されます。衣類回収サービスで得られた過剰金のすべては、繊維リサイクルの研究機関や社会活動に寄付されます。」

自分にとっては不要なものでも次があると思うと、ただ捨ててしまうよりも気持ちよく送り出せる気がします。

もらえるクーポン券はどんなもの?

持ち込み一袋につき、一枚クーポンがいただけます。

注意事項が裏面に記載されています。

  • 3,000円のお買い上げごとに、正規価格商品1点から500円引き
  • 有効期限はありません(2020年8月現在)
  • 他のクーポンとの併用はできません
  • セール品、オファー品、デザイナーコラボコレクション、H&Mギフトカードは割引対象外
  • 日本全国のH&M店舗にて利用可能

どこの店舗でも使えるので便利なのですが、対象外商品に注意が必要ですね。

サスティナブルとは・・・

最近よく耳にするうようになった「サスティナブル」「サスティナビリティ」という言葉は「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味するそうです。

特にIKEAやH&Mなど、世界的に大きな企業が発信しだしていて、ファッション誌などでも取り上げられているので気になっている方もいらっしゃるのでは・・・?

H&Mの衣類回収プログラムについてはこちらが公式ページとなっています。

ただ捨ててしまうのではなく、その先へ・・・

I:COのページでもアパレル業界での衣類の廃棄とリサイクルについて説明がされていて、毎年1億5千万トンの衣類と靴が世界中で販売されている、そしてそれらは最終的にほとんどが焼却・埋め立て処分されていると聞くと、リサイクルの重要性をひしひしと感じました。

一人一人が、できることから始めていけますように。

今回、猛暑で引きこもりながら衣類の整理を始めたのがキッカケだったのですが、いろいろ調べたのですがなかなか衣類の積極的なリサイクルって難しくて。。。

メルカリも最近は飽和状態で売れにくいですし、子ども服もおさがりにお譲りするには汚れているし、寄付・・・うーん、結構面倒くさい。送料を負担してまで寄付するなら捨ててしまおうか。などなど巡った結果、H&Mのリサイクルにたどり着きました。

袋に入れてお買い物のついでに立ち寄ってお渡しするだけ!なので、手間が本当にかかりませんでした。子どものお気に入りだった小さくなったお洋服なども、こうやって店頭に一緒に持っていくことで「リサイクル」の意味の理解や、手放す時の「ありがとう、次のお役に立ってね」という気持ちが出てくれるといいな、なんて思います。

また、これからも活用したいと思います♪

Follow me!