豊洲六丁目公園の広い芝生広場はいつから利用可能!?

豊洲・有明地域だけでなく、勝どきや月島方面の方からも「豊洲六丁目公園のファンなんだ」という話を聞いたことがあります。ただただ広い、芝生広場が人気の「豊洲六丁目公園」

結構前の写真です

現在は、TOKYO2020 オリンピック・パラリンピック競技大会のために一部が閉鎖されてこんな感じになっています。

剥がされて、重そうな板が置かれている元芝生部分。

木遣り橋を挟んで対岸にある「有明アリーナ」へのオリパラ観客のラストマイル上に位置するため、手荷物検査場としてこのように工事が行われました。

しかし、両大会とも無観客となったことで、結局、一度も使われることはないままこの状態が保たれています・・・。。。

豊洲六丁目公園と有明アリーナを結ぶ木遣り橋も、大会期間前後の通行止めが通知されていましたが、無観客のため通行止めになることはなさそうで先日まで「パラリンピックのため今後通行止めになる可能性があります」という看板が出ていましたが現在は外されています。

さて、こちらの「豊洲六丁目公園」ですが、当初の計画では11月ごろから使用可能と聞いていたのですが、なんと、完全再開は2022年の夏ごろになりそうということが分かりました。

理由は、現在あるテントの撤去後に、地盤面の整備をやり直し、水はけを改善してから全面芝生を張りなおすからだそうです。

芝生は、しっかり根付く前に踏んでしまうと定着せずにすぐ剥げてしまうんだそうです。芝が根付く時期が、5月~梅雨の時期だそうで、その期間になるべく踏まないようにするのが大事だとか。

豊洲公園なども毎年養生のために「入れません」の期間があったりしますね。豊洲六丁目公園に関してはあまり養生中という囲いを見たことがない気がするのですが・・・(多分、平日の利用者が多くないので養生しなくても大丈夫だったんじゃないかと推測しています)

恒例だったお正月の凧揚げも、気候の良い春休みやゴールデンウィークも使えないのか・・・と思うと先が長いですが。

これまでも十分にきれいな芝生広場だったと思うのですが、さらに綺麗になるそうで今後を楽しみに待つことにします。

芝生広場部分以外の遊具部分や、周りの部分は通常通り利用可能です。それだけでも十分な広さがあって遊べると思いますが、サッカーや野球などの球技はしにくい状況です。バドミントンくらいなら全然、その他のスペースでできると思いますよ。

Follow me!